2017年03月06日
圏央道の茨城区間が開通しました!!

圏央道茨城区間開通

圏央道の茨城区間開通で成田空港がますます便利に!

到着時間が読みやすい圏央道経由

2017年2月26日に圏央道のつくば中央IC~境古河IC間が開通しました。今まで成田空港までの高速道路は、東関東自動車道を通ってくる方が大半でしたが、圏央道が開通したことで東北方面、茨城、埼玉にお住まいの方は、都内を通らずに成田まで高速道路で行くことができるようになりました。都内経由だと渋滞の心配をしなければなりませんが、圏央道だと都内ほど渋滞の心配をすることも少なく成田到着時間も読みやすいと思います。

便利な圏央道、お客様の体験談

実際に圏央道を利用されたお客様のお話を伺うと、時間、駐車料金、飛行機代など羽田より成田の方が便利でお得だと思えます。少しですが、お聞きしたお話を掲載します。福島県在住の会社経営をされているお客様『出張で今まで羽田空港を利用していたが、常磐道から都内に入るところから渋滞することが多く羽田空港の駐車場も渋滞するので車を停めるだけでも一苦労だった。しかし、成田の国内線が充実したおかげで飛行機代(LCC利用)、駐車料金も安くなり更に渋滞することもほとんど無いので今は部下を含めて出張する時は成田空港を利用している。』とのことです。つくば、水戸方面にお住まいのお客様『今まで成田空港を利用する時は、一般道を使い土浦からだと1時間以上かかっていたが、圏央道を使うと40分程度で着くことができた。こんなに早く便利になるとは思わなかった。』との声が1番多く聞かれました。仙台在住で国際線をご利用されたお客様『ホノルル出発を羽田空港か成田空港かで迷っていたが、成田空港近辺にある民間駐車場がいろいろ選べるし、圏央道が繋がって全線高速で行けることがわかり今回は成田の屋根付き駐車場を利用した。』とのことでした。確かに、成田にはガレージタイプの民間駐車場がありますが、羽田空港周辺の民間駐車場にはガレージタイプの駐車場がありません。更に、成田でガレージに駐車したとしても、羽田地区の駐車場より安い場合がありますので車を利用された場合はお得になります。

~まとめ~(どんな時にお得か)

圏央道経由で成田空港を利用された方のお話からお得なポイントをまとめてみました。高速道路距離(千葉県成田市~埼玉県鶴ヶ島市間)外環~首都高速~東関東自動車道・・・123Km圏央道・・・135Km距離で考えると、都心を通って成田にきた方が10Kmほど近いようです。渋滞成田空港(圏央道経由)・・交通量が少ないため渋滞は少なめ。羽田空港・・首都高は交通量が多いため渋滞がよく発生する。圏央道は、交通量がそれほど多くないため成田空港までの到着の予定が立てやすいですが、羽田空港周辺は、渋滞がよく発生していますので予定が立てにくい。更に、羽田空港内の駐車場は、慢性的に不足していますので、満車になっていた場合乗り遅れを覚悟しなければなりません。航空券成田空港のLCC(格安航空会社)を利用するとかなり安い金額で利用することができます。LCCは、国際線・国内線の両方ありますので気軽な空の旅が楽しめますね。駐車場代成田空港周辺の民間駐車場・・価格は幅広い。1日の料金が1,000円~400円くらい。羽田空港周辺の民間駐車場・・若干高めの設定。1日1,000~800円くらい。民間駐車場は、羽田空港より成田空港周辺の方が駐車タイプが豊富で選べることができます。以上簡単にですが、お得な圏央道をまとめてみました。成田空港は国際線のイメージが強いですが、現在は国内線も充実し格安で利用することもできます。お車での移動をお考えなら、圏央道経由の成田空港発も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

>>サンレッドガレージを予約を予約する

PAGE TOP